Top

タルホ窯陶展 初日

陶展の初日にふさわしくとても気持ちの良いお天気にめぐまれました。
お客様の足どりも軽やかでこちらまで嬉しくなりました。
中には、わざわざ大阪からタルホ窯さんの器お目当てで来られた方もおられました。
お店の場所がわからなくて駅からタクシーで来られたとのこと、申し訳ないやら、嬉しいやら
こんな有り難いことはありません。
(感謝の気持を忘れずに!心がけていきます)
d0148555_22281365.jpg
d0148555_22282784.jpg


さて
タルホ窯さんの器ですが・・・・
今回特に注目していただきたいのが「おこげ」と「椀風碗」と呼んでいるものです。
「おこげ」とは・・・彫りを施したところが深いこげ茶色にうかび上がることから名付けたそうです。
d0148555_22142240.jpg
d0148555_22153176.jpg

「椀風碗」 わんふーわん ・・・一見、木の椀の様な感じを思わせる陶器
d0148555_22222617.jpg


またその他にも普段使いの小鉢や小皿がたくさん展示しています。
d0148555_22263340.jpg

[PR]
# by zenzen_jyujyu | 2008-03-17 22:31 | イベント情報 | Comments(2)

山菜天ぷら 2

今日もとても暖かい一日でした。
桜の花のつぼみも日増しに大きくふくらんできています。

二日続けての山の工房です。
昨日出来なかった山菜の天ぷら、本日ついに実現しました。

これが 今回の主役です
d0148555_2153389.jpg

天ぷらにしたらこの様になりました
d0148555_2156588.jpg

ふきのとう ・ のかんぞう ・ にわとこ ・ 椿の花 ・ せり ・ 山みつば 
そして写真ではわかりにくいですが、タンポポの花もあります。
香りでいえばやはり、ふきのとうが一番ですね。
椿やタンポポの花は、少し苦みが残るような気もしますがもちもち感があって
結構いけますよ。
ただこの天ぷらは、昼食がすんだ後に揚げましたのでこん夜の夕食になりました。
母が一番喜んで食べていました。なにしろ初物ですからね。
(長生きしてくださいね・・・)
[PR]
# by zenzen_jyujyu | 2008-03-16 22:25 | フォレスト津~遊 | Comments(2)

山菜の天ぷら・・・?

昨日の雨のおかげでしょうか、今日は汗ばむようなぽかぽか陽気に包まれました。
また二週間ぶりの山の工房です。
zenzenの京都の時の職場で一緒だった人 (すでに退職されて今は趣味で木彫りをされて
おられるとのこと )が、友人を伴って来られました。
実に二十年ぶりの再開です。
昔話に花が咲いて、京都での生活が懐かしく思い出されました。
zenzenは彼のことを 「人生のおっさん」 と呼び親しくおつきあいさせて頂き、
また、この人のお人柄に心から尊敬していました。
この当時から趣味で能面彫りもしておられた関係から、度々観世会館のチケットを戴き、何の知識も無い私でしたが、おかげさまで能の世界を少しだけかいま見ることができました。
それがこのような山の中で、また出会えるなんて・・・・
お二人が帰られた後、私たち夫婦の思いは一緒でした。
     「 思い切ってこの工房を建てて良かった・・・・・・・」 と


気分が良くなって
工房の周辺を散策してみました。    すると・・・・・
ありました!!    山菜天ぷらの材料が
 まずは
    ふきのとう
d0148555_2354048.jpg

    のかんぞう
d0148555_236224.jpg

    せり
d0148555_237250.jpg

    ニワトコの新芽
d0148555_2382252.jpg

 でも  残念ながら本日のクッキングタイムは無し
            明日かな??
[PR]
# by zenzen_jyujyu | 2008-03-15 23:27 | フォレスト津~遊 | Comments(1)

タルホ窯さんの器般入しました

何日振りでしょうか? 雨の一日でした。
本日 17日から始まる、陶展の器が般入されました。

この展示については、昨日と今日にわたって配布されている マイタウン奈良さんの
まちかどトピックス のコーナーに掲載していただきました。

催しものがある度に、マイタウン奈良さんにはお世話に預かっています。
コメントの内容も的確に表現していただいていて、文章の作成が苦手な私にとっては、
いつも大助かりです。

今回も タルホ窯の器について

「 新品なのにどこか使い込んだような独特な風合の作風が特徴。
鎬(しのぎ)という削りの技法により陰影がついた茶器や食器、また、
椀風碗(わんふーわん)と名付けられた一見、木のような陶器の椀など、いずれも
個性が光る一品ばかりが展示される 」
                               
と書いてくださって、この文章を読んだ陶芸作家の 溝端 雅子さんは、たいそう
喜んでおられました。

溝端さんが今まで作りためていた陶器がたくさん。

津~遊が陶器専門店になったかのごとく、所狭しと並びました。
夕方遅くまでかかりましたので、写真を撮ることが出来ませんでした。

後日、お見せしたいと思います。

またこの展示会にあわせて
 木の実と豆 のクラフトの作品が届きました。

少しの閒お家に帰っていましたが、また可愛い子供たちが遊びにきてくれました。

今度は カラスも連れて来ていますよ。
この子たちの写真も、お楽しみにしていてください。
[PR]
# by zenzen_jyujyu | 2008-03-14 23:51 | 作品紹介 | Comments(2)

陶展のハガキ出しました

来週の月曜日(17日)から開催する
  タ ル ホ 窯 陶 展
のハガキ、今日やっと出すことができました。
d0148555_21461754.jpg

作家 溝端雅子さんの初めての個展ですし、
また、当ギャラリー津~遊においても、陶器の個展と言うものも初めてのことになります。

般入が14日の金曜日になっていますので、その後順次作品の紹介などしていきたいと
思います。


一気に春めいて来ました。
お店の中も少しずつ春のムードに替えつつ奮闘しております。
d0148555_2264467.jpg


私にとって春と言えば、なんと言っても山菜なのですが
家のプランターにもありました。
   
   わさび    葉っぱの数が増えてます
d0148555_2216670.jpg


   あさつき    柔らかくてとても美味しそう
d0148555_22181662.jpg


小さな山菜畑を作っても楽しいでしょうね。
[PR]
# by zenzen_jyujyu | 2008-03-12 22:26 | イベント情報 | Comments(0)


ギャラリー津 遊  奈良にある器と雑貨のお店

店舗情報

*作家もの展示販売
 陶器・ガラス・木工
 手づくり服・雑貨etc.

*各種イベント開催

*貸ギャラリー・貸教室

営業時間 : 11時~17時半
定休日 : 不定休
連絡先 : 0742-51-6836
      090-5655-9449





  関連記事はこちら

エキサイト以外のブログ

-----------------------
やきもの動物園/橋本大輔
宮さんの木工房
いつか見た太陽の下で
蕎麦付き陶芸教室六臂窯便り
NEW*アイアンラボへようこそ
なら三原色の会
CatGlass~暮らしの中の器~
ushitora 草木とあかりの中で
木の実と豆のクラフト
りんりん工房の日々
連れもっていこか
大正池グリーンパーク
♪娯楽談話室♪
福ちんのひとりごと
ナチュラルな生活
chryse
Watercolor studio ....
フロリレージュ
chiel
工房あるちざん
小さな庭の小さな幸せ・・・
-------------------------

フォロー中のブログ

Bon Copain!
Mimosa Garde...
hoshito‥kaze...
タワラジェンヌな毎日
ぎゃらりぃ 日月
Chanter fab*...
西ノ森*ダイアリー
堂本陶工房 日記
えらままんのいとしい器(しと)
とふぉふぉ・・・
中川雅佳の陶芸日和
四季日和
Simple and O...
京都m・aーglass ...
Mai Nishiguc...
Ichigo letter
レモンのきもち

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

最新のコメント

鍵コメさん そう言って..
by zenzen_jyujyu at 22:28
♪娯楽談話室♪さん 素..
by zenzen_jyujyu at 22:38
歌声喫茶いいですね~。 ..
by ♪娯楽談話室♪ at 08:42
タワラジェンヌさん ..
by zenzen_jyujyu at 21:20
こんばんは♪ ご無..
by tawrajyennu at 22:34

カテゴリ

イベント情報
作家さんの作品
フォレスト津~遊
ほのぼのライフ
作品紹介
アクセス
教室
営業予定

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
雑貨

画像一覧